犬のしつけで、来い、おいでを短期間で覚えさせるコツをお伝えしています。

おいで、来いのしつけを教える

「おいで」、「来い」の号令で、愛犬があなたのところに来るようになると、色々な場面で役立ちます。

例えば、目を離した隙に危ない場所に行ってしまったとき、号令一つで戻ってくることができれば、怪我をさせるリスクを減らすことができます。

また、あなたがワンちゃんを構いたいときに「おいで」、「来い」の一言で、愛犬があなたのところに寄ってくれば、これはまたとても可愛いものです。

ですので、ある程度のしつけが済んだら、この「おいで」、「来い」のしつけは、ぜひともワンちゃんに覚えさせて欲しいと思います。

「おいで」、「来い」のしつけを教えている飼い主さんにお話しを聞くと、以下のような悩みを持っていることが分かります。


遊びに夢中になると「おいで」、「来い」と呼んでも来ない。
お部屋の中で遊び回っていると、呼んでも来てくれない。
目の前のものに夢中になると、来てくれない。


では、「おいで」、「来い」といっても、犬が言うことを聞かない理由はどこにあるのでしょうか?考えられる原因としては以下のものがあります。


飼い主さんのところに行ったとき、以前ひどく怒られた経験がある。
そばに行ったとき、凄く嫌な思いをしたことがある。
ハウスに入れられると思っている。
自分に取っていいことがない、自分は自由でいたいと思っている。
逃げる癖がついてしまっている。


また、「おいで、」「来い」のしつけを覚えさせると、飼い主さん、ワンちゃん、双方にとって以下のようなメリットがあります。


事故を未然に防ぐことができる。
危険回避ができる。
愛犬の命を守ることができる。
服従心が高まる。
飼い主さんのストレス軽減。


まず、「おいで」、「来い」のしつけポイントは、普段から命令に従うと、飼い主さんに褒められる、飼い主さんが喜んでくれる、自分にとって良い事がある、ということを覚えさせます。

効果的なやり方としては、ご飯を与えるときなどに、「ご飯だよ」とは言わずに「おいで、ご飯の時間だよ」、と声を掛けるようにします。

散歩に行くときも、「散歩に行こうか」と言うのではなく、「おいで」を先につけ、「おいで、散歩に行くよ」と声を掛けるようにします。

こうすることで、犬は「おいで」、もしくは「来い」と呼ばれると、必ずいい事があるんだと、だんだんと学習していきます。 

ですが、「おいで」、「来い」のしつけでやってはいけないことがあります。それは、ワンちゃんを呼んだときに、怒ってしまうことです。

犬は一度嫌な経験をしてしまうと、次に号令をかけた時に逃げ周るようになってしまいます。そして、飼い主さんがワンちゃんを追いかけるという行為を繰り返すことになります。

この追いかけっこが、犬は飼い主さんが遊んでくれているんだ、と勘違いをして、「おいで」、「来い」の号令は飼い主さんが遊んでくれるんだ、と認識をして、ますます戻ってこなくなることがありますので、注意しなければなりません。

ここまで、「おいで」、「来い」のしつけポイントをいくつか具体的に解説してきましたが、言葉ではなかなか伝わりずらい部分もあるかと思います。

もしあなたが、「おいで」、「来い」のしつけを愛犬にしっかりと覚えさせたいのであれば、いつも私がお世話になっている、遠藤和博先生のしつけ教材を一度学ぶことをお薦めします。

遠藤先生のしつけ教材をご覧頂ければ、しつけのやり方を映像で分かりやすく解説していますので、すぐにやり方を理解することができます。

遠藤先生のしつけ方法を実践すれば、数日以内にあなたの愛犬もあなたの号令一つで、あなたのそばにくるお利口な犬にすることができます。

詳しい内容は下記よりご覧頂くことができますので、愛犬に「おいで」、「来い」のしつけを覚えてもらいたいと思っている飼い主の方は、一度内容を確認することお薦め致します。



→テレビチャンピォン2年連続優勝!遠藤和博先生の愛犬しつけ法はこちらから






« 前の記事: 待てを教える | 次の記事:飛びつきを止めさせる »



こんな記事もよく読まれています

テレビチャンピォン2年連続優勝!遠藤和博先生のしつけ教材


講座3


管理人 イヌエモンのご紹介


Copyright © 2017 犬のしつけ専門サイト All Rights Reserved.