ハウスとトイレは必ず分けるようにしてください。

  • TOP
  • »
  • 講座2
  • »
  • ハウスとトイレは別にする

ハウスとトイレを一緒にしてはダメな理由

ハウスに上手く誘導できない方、トイレのしつけに手を焼いている方は、トイレとハウスを一緒の場所に設置していることがあります。

集合住宅に住んでいると、お部屋の広さに限りがありますので、1つの場所に設置してしまった方が都合が良いと思います。

しかし、それでは犬はトイレとハウスを覚えることがなかなかできません。犬はとても清潔好きな動物で、犬の習性上、寝床を汚すことはしません。

ですので、ハウスとトイレを一緒の場所に設置している場合、犬はどこがトイレで、どこが寝床か分からなくなってしまうのです。

このような理由から、ハウスとトイレは別々のところに設置してあげないと、いくら飼い主側が一生懸命にしつけをしても、なかなか覚えてくれないというジレンマに陥ります。

また犬が粗相をする場合、ある一定の複数個所に偏る傾向があります。あなたのワンちゃんもいつも粗相をしてしまう場所がお部屋の中にいくつかあると思います。

その場合、いつも粗相をしてしまう場所に、食器や遊ぶものなどを置いておくと、その場所で粗相をしなくなるようになります。

犬は遊ぶところと寝る場所、食べる場所は絶対に汚さない習性があるからです。粗相をしてしまうところにそのようなものを置いておけば、犬は自らトイレをする場所がどこなのか、少しずつ理解するようになります。

またトイレと認識させるには広さも重要になってきます。ポイントは犬が一回りできる程度の広さの2倍から3倍のスペースが必要です。

その理由として、犬は一度自分の臭いをつけたところ、粗相をしたところには、次は別のところに粗相をする習性があるからです。

トイレのスペースを広くしただけで、トイレが出来るようになった方もいれば、ハウスとトイレを離しただけで、トイレが出来るようになった方もいます。


ですので、少し環境を変えるだけでも大きな効果を得ることができますので、まずは犬の習性をしっかりと理解して、色々と試してみることが大事です。

また決して怒らないこと、上手に出来たらしっかりと褒めてあげることがしつけの近道です。

しかし、私も最初は愛犬のしつけに手を焼いたものです。何をやってもなかなか言うことを聞かず、甘やかして育ててきた自分を何度も悔やんだものです。

ですが、遠藤和博ドックトレーナーと出会ってからはしつけも上手くいくようになり、今では私の言うことを何でも聞く、お利口なワンちゃんにすることができています。

もしあなたが、しつけに色々と悩んでいるようでしたら、遠藤先生のしつけ方法を一度学んでみることがお薦めです。

詳細は下記よりご覧になれますので、愛犬のしつけで悩んでいる飼い主さんは、一度内容をチェックすることをお薦めします。



→テレビチャンピォン2年連続優勝!遠藤和博先生の愛犬しつけ法はこちらから






« 前の記事: ハウスの正しい設置場所 | 次の記事:留守番のしつけ »



こんな記事もよく読まれています


Copyright © 2017 犬のしつけ専門サイト All Rights Reserved.