散歩をしない飼い主に一言いたい!

  • TOP
  • »
  • 講座2
  • »
  • 散歩をしない飼い主に一言

散歩をしない飼い主に一言

私はよくドッグカフェなどに愛犬を連れて遊びに行くのですが、そんなとき、このような会話をしている飼い主さんがいます。

「お宅はワンちゃんを毎日散歩に連れて行っていますか? 私のところは小型犬ですし、忙しいからあまり連れていっていないんですよ、、、」

よく小型犬にお散歩は必要なのかとか、大型犬はどれくらい歩かせる必要があるのかとか、色々なところでこのような質問をしている飼い主さんを多く見かけます。

私も色々な本を読んだり、ドッグトレーナーに同じような質問をしたことがありますが、結論からすると「散歩はできるだけしてあげることが大事」だと思っています。

また個人的な意見としては、家の中にずっと置いているのであれば、気分転換にでもお外を歩かせてあげたり、社会性を見つけるという意味でもやはり散歩は必要だと思います。

人間だって1日家にいたら息が詰まりますし、気分転換に少し外に行ってこようかなと外出すると思います、それは犬だって気持は一緒です。

また、この世界に生まれてきたからには、色々な景色を見せてあげたいと思いますし、小さからろうが大きからろうが、散歩はできるだけしてあげて欲しいと思います。

人間が仮に100歳まで生きるとしたら、犬は10歳、ということは、人間でいう1日は犬にとって10日間にあたります。

1日中、家の中でゲージに入れられていたり、外飼いであれば犬小屋に繋がれっぱなしでいたり、ダラダラと過ごした場合、単純に犬は10日間の寿命が過ぎることになってしまいます。

それを考えると、個人的にはとてもかわいそうに思ってしまいますし、犬の生涯、犬の犬生を考えると、やはりいい思いをさせてあげたい、目一杯生きさせてあげたい、と思います。

そういうことを考えると、1日、1日を大事にしてあげ、お散歩がてらドッグランなどに連れていってあげたり、太陽を思いっきり浴びさせてあげたり、他の犬に触れさせてあげたりと、色々としてあげて欲しいと思います。

よく悲しくなるのは、仕事や学校が忙しいからという理由で、お散歩に連れて行くことを煙たがっている飼い主さんです。

私は同じ飼い主としてこのような話を聞くと、とても悲しくなります。朝30分早く起きてお散歩に連れて行ってあげるだけなのに、それすらもしない。

私からすればそのような飼い主さんは犬を飼うべきではないと思いますし、ワンちゃんが不幸に思えて仕方ありません。

また、犬を飼いたいと言ったのは子供で、最近は子供が面倒を見ないので、私がしょうがなくやっているというご両親、本当に残念です。

そのような理由から、お散歩をするのは結局日が暮れて夜になってしまって、夕方の10分、15分だけ、ましてはトイレを済ませたらそれで終わり。

戻ってくれば、またゲージに入れられたり、犬小屋に繋がれたり、そんなかわいそうなことはないと思ってしまいます。よほどしつけを厳しくするよりもかわいそうだと思います、あなたもそう思わないでしょうか?

やはり犬のことを考えれば、体を動かす環境を自ら作ってあげる、心身ともに鍛えてあげる、これは飼い主さんの責任だと思います。

もしかしたら、ワンちゃんはカワイイ、カワイイとされるよりも、散歩をすることの方が望んでいるかもしれません。

ぜひとも30分でもいいので早起きをして、お散歩に行ってあげて欲しいと私は思っています。ワンちゃんの1日、1日を大事にしてあげ、あなたが飼い主で良かったと、ワンちゃんから心から思ってもらえる関係を作って欲しいと願っています。



→テレビチャンピォン2年連続優勝!遠藤和博先生の愛犬しつけ法はこちらから






« 前の記事: 拾い食いや食糞を止めさせる 



こんな記事もよく読まれています


Copyright © 2017 犬のしつけ専門サイト All Rights Reserved.