ハウスの設置場所で悩んでいる飼い主さんはぜひこちらのページを参考にしてみてください。

ハウスの設置場所について

ハウスの設置場所については、まず暑いところ、また日の当たらない寒いところ、湿気の多いところ、後は寒暖の差が激しいところは避けるようにしてください。

また、犬を外に置く場合、西日が差すところには絶対置かないようにしてください。犬が脱水症状を起こしてしまい、死を招くことがあり大変危険です。

犬は寒さで死ぬことはあまりありませんが、暑さでは死んでしまうことがあります。

やはり、脱水症状を起こすと死を招く危険性があるので、ハウスを屋外に置いている場合は、考えて設置する必要があります。

また室内でも西日が当たるところに設置してしまうと、犬がそこから逃げられず、脱水症状を起こしてしまう危険性があるので、西日の強いところにハウスを設置している飼い主さんは、すぐにでも見直す必要があります。

ハウスを定めた場所におくことで、犬は自分のテリトリーがここだと思えば、とても安心することができますし、インターホンが鳴ったらそこにいなさい、寝る時はそこで寝なさいと、しつけることができれば、お互いにとって良い関係を築くことができます。

やはりお互いの時間を作ることもとても大事なことです。犬と人間が混同してしまい、境目がないとなかなかコントロールできずらい部分が出てくると思います。

ですので、愛犬がかわいいのは分かりますが、しっかりと犬の自立心を高めるためにも、出来るだけ一緒に寝ることは避けて、ゲージ、サークルで寝かせる習慣を持たせることが大事です。

また災害などのとき、すぐにワンちゃんを連れ出さなくてはいけないとき、また場合によっては、ホテルなど一人で寝かせなくてはいけないとき、きちんと愛犬が一人で寝られるように、ハウスをしっかりとしつけることはやはり必要になってきます。

私も愛犬にハウスを覚えてもらうのにかなり苦労しましたが、いつもお世話になっている遠藤和博ドッグトレーナのやり方を実践したところ、数日でハウスを覚えてくれました。

ですので、遠藤先生のしつけ方法を実践すれば、あなたのワンちゃんも数日でハウスを覚えてくれると思いますので、ハウスのことで困っている飼い主さんは、下記より一度、内容を確認してみることをお薦め致します。



→テレビチャンピォン2年連続優勝!遠藤和博先生の愛犬しつけ法はこちらから






« 前の記事: ハウスを覚えさせる | 次の記事:ハウスとトイレは別にする »



こんな記事もよく読まれています


Copyright © 2017 犬のしつけ専門サイト All Rights Reserved.