犬の留守番のしつけポイントをお話ししていますので参考にしてください。

留守番のしつけ

お留守番ができないワンちゃんには、とても困ってしまいますよね。

留守番をおとなしくしてくれないと、飼い主さんは安心して外出することができません。

よく留守番をいい子にしてくれない、と困っている飼い主さんのお悩みとして、以下のことを聞きます。


出掛けようとすると、泣き出してしまい困ってしまう。
ムダ吠えの荒らし、5分位は平気で吠え続けている。
家の中にあるものを破壊する。
自宅に戻ってくると脱糞で部屋が荒らされている。
家の鍵を持ったり、着替えを始めた途端、察知して吠え出す。


このような悩みを抱えている飼い主さんが多くいるようです。もしかしたら、あなたもこのようなワンちゃんの行動で悩んでいるかもしれませんね。

では何故、犬は吠え出したり、家の中の物を破壊してしまうような、破壊行動に出るのでしょうか?

その理由としては、以下のことが考えられます。


飼い主さんがいなくなるという不安や寂しさによるもの。
逆に自分を置いていくな、という飼い主に対する自己主張。


このようなことが理由として考えられます。

では、おとなしく留守番させるためにはどのようなしつけ手順を踏めばいいのか?

留守番のしつけのポイントはいくつかありますが、まずしつけをする前に、普段からの犬との接し方を見直す必要があります。


留守番ができないワンちゃんの共通点として、


飼い主さんといつも一緒にいる、ベタベタしている。
飼い主さんが犬の要求を何でも聞き入れている。


つまり、過保護に育てているワンちゃんであればあるほど、大人しく留守番をすることができていません。

いくらかわいいからといっても、犬の要求を常に受け入れてしまっていると、いつまで経っても留守番ができない犬になってしまいます。

私もミニチュアダックスを飼っているので、愛犬がかわいいのはよく分かりますが、やはりどこかで飼い主さんが線引きをして、厳しく接していくことが大事です。


ですので、留守番のしつけのポイントとしては、


普段から要求を受け入れないように、服従訓練をする。
いつも一緒にいない、寝ない、ベタベタしない。
外出するときは黙って出ていくようにする。
(その方が犬にとっては楽、ストレスが無いため。)


このようなポイントが挙げられます。またワンちゃんが留守番を上手くすることができるようになると、飼い主さんとワンちゃんにとって、以下のメリットがあります。


飼い主さんが安心して外出することができる。
犬自身のストレス、飼い主さんのストレスも軽減される。
犬自身も留守番することが当たり前と分かってくればストレスが溜まらない。


犬の心理としては、いつもそばにいる飼い主さんがいなくなるというのは、とても寂しいものです。

飼い主さんはすぐ戻ってくると思っていても、犬は飼い主がいなくなるということは、「自分が置いて行かれるのではないか」、「もう二度と飼い主が戻ってこないのではないか」、このように考えしてしまうこともあると思います。

少し大袈裟に思うかもしれませんが、ワンちゃんは言葉が話せないので、このように思っている子も中にはいるのでは?と考えてみてもいいと思います。

犬の心理からしたら、それは吠えずにはいられません。「自分を置いて行かないで」、「自分も一緒に連れてって」、このような想いで必死に訴えているかもしれません。

このような心理状態にしないためにも日頃からの主従関係、服従心がやはりものを言います。いつも一緒にいない、寝ない、要求を一切受け入れない、このように日頃から接していれば、問題は起きないはずです。

主従関係がしっかりとしていれば、飼い主さんが少しの間いなくなっても、「リーダーだから自分のことを見捨てることはしない」、と犬は考えるようになりますので、吠えたり、破壊行動をするという問題行動は起きないはずです。

もしあなたのワンちゃんが、なかなかおとなしく留守番をしてくれないと、悩んでいるのであれば、まずは主従関係を見直すことから始める必要があるかもしれません。

ですが、安心してください。私がいつもお世話になっている遠藤和博ドックトレーナーのしつけ方法を実践すれば、短期間で主従関係を築くことができ、数日でとてもいい子に留守番ができるワンちゃんにすることができます。

私も愛犬の留守番にはかなり手こずりましたが、遠藤先生のしつけ方法を実践したところ、2週間程でおとなしく留守番してくれるようになりました。

ですので、今現在あなたのワンちゃんがどんなに言うことを聞かなかったとしても、数日間しっかりと教え込めば、とてもいい子に留守番をしてくれるワンちゃんになるはずです。

遠藤先生のしつけ方法の詳細は下記よりご覧いただくことができますので、留守番のしつけでお悩みの飼い主の方は、遠藤先生のしつけのやり方を一度チェックすることを私はお薦めします。



→テレビチャンピォン2年連続優勝!遠藤和博先生の愛犬しつけ法はこちらから






« 前の記事: ハウスとトイレは別にする | 次の記事:留守番できない理由 »



こんな記事もよく読まれています


Copyright © 2017 犬のしつけ専門サイト All Rights Reserved.