犬にハウスを分からせるにはある物を使ってしつけをすると楽に教えられます。

ハウスのしつけについて

私もハウスを覚えさせるには苦労した一人です。最初の頃はハウスに入れることを窮屈でかわいそうだと思い、部屋で放し飼いにしていたからです。

しかし、そのことを後悔するようになったのは、愛犬が成犬になってからです。

成犬になってしまうと、子犬の頃のようになかなか言うことを聞いてくれなくなります。もちろん、子犬の頃でもしつけには苦労しますが、、、

ハウスになかなか入ってくれないと、悩んでいる飼い主さんは、以下のことで悩まれているのではないでしょうか?


勤めに出ているので、日中おとなしくハウスに入っていて欲しい。
ハウスに入れたくて色々と好物を与えているが全然効果がない。
誰かが遊びに来たときにハウスでおとなしくしていて欲しい。


また、ワンちゃんがハウスに入らない理由には以下のことが考えられます。


家全体を自分の縄張りとて認識している。
ハウスの場所が暑いところだったり、寒いところにある。
ハウスを設置してある場所が居心地が悪いと感じている。
小さい頃に強く怒られた場所にハウスがある。


またハウスをしつけることができれば、以下のメリットがあります。


犬だけの居場所を作ることで、飼い主さんと犬がお互い暮らしやすくなる。
災害時などすぐに犬を移動できる、危険回避をしやすい。
ハウスといって素直に入ることができると、吠えも少なくなる。
主従関係や服従心が高まる。


このようなメリットがあるので、ハウスはしっかりとしつける必要があります。

ハウスの重要性について

犬を室内で飼う場合、サークルやゲージを用意したり、外飼いであれば犬小屋を用意すると思います。

ハウスの一番の重要性としては、犬を安全な環境に置く、あるいは犬にとって安心する環境に置いてあげるということです。

犬を飼ったら、絶対にゲージに入れなくてはいけないのかというと、決してそんなことはありませんが、ただ、犬を飼いやすい環境にするには必要だと思います。

また、しっかりとしたゲージやサークル、犬小屋にしっかりと入れておけば、災害が起きた時やその他何か起きた時でも、ワンちゃんを安全な環境に置いておいてあげることができます。

やはり、ワンちゃんにとってどこか一定の場所で安心できるところがある、このような環境を作ってあげることはとても嬉しいことですし、それが愛情になり、1日でもワンちゃんが安心して暮らせる環境作りをしてあげることは、飼い主さんの責任の一つであると考えています。

ハウスのしつけのポイントについて

ハウスを覚えさせるには、柵などで囲まれた環境を作り、棒やフローリングワイパーなどを使って、正面から追い込むようにします。

そして、「ハウス」、「ハウス」と言いながら、追い込んでいきます。ワンちゃんの逃げ道がお部屋の中にあるのであれば、その部分は柵で区切り、必ず正面から追い込んでいくことが大事です。

犬というのは、自分が今いる場所を力ずくでどかされることをとてもストレスに感じます。そうすると、自分が安らげる場所はどこだと探すようになるので、この習性を利用して最終的にハウスへと誘導していきます。

詳しいやり方は、遠藤和博先生のしつけ教材で学ぶことができますので、ハウスのしつけで困っている飼い主さんは、一度内容を確認してみることがお薦めです。

私もハウスには散々苦労しましたが、遠藤先生のやり方を実践したところ、数日間でハウスが素直にできるいい子な愛犬にすることができました。

きっと、遠藤先生のしつけ方法があなたのワンちゃんもいい子にするきっかけになると思いますので、ハウスのしつけで困っている飼い主さんは、下記より詳細を一度ご覧になることをお薦め致します。



→テレビチャンピォン2年連続優勝!遠藤和博先生の愛犬しつけ法はこちらから






 次の記事:ハウスの正しい設置場所 »



こんな記事もよく読まれています


Copyright © 2017 犬のしつけ専門サイト All Rights Reserved.