犬小屋を夏場に設置するのであればこちらのページをよく読んでから実行してください。

犬小屋を夏場に設置するときのポイント

外飼いをする場合、犬小屋を設置することになると思いますが、季節によって気を付けることが多々あります。

犬は人間と違って、体温調節が上手くできない動物です。このため、夏場は熱中症にかかりやすいため、飼い主さんは最新の注意を払う必要があります。

犬は寒さで参ってしまうことはあまりありませんが、暑さではすぐに参ってしまいます。

また、最悪のケースでは熱中症がきっかけとなって、ワンちゃんが死んでしまうこともありますので、夏場に犬小屋を設置する場合、犬が熱中症にかからない環境を作ることがとても大事です。

ですので、出来れば夏場だけは室内で飼うことをお薦めしますが、なかなかそうもいかないご家庭もあると思います。

ここでは、夏場に犬小屋を設置する際の注意点をお伝えしていきますので、できるだけワンちゃんが涼しく過ごせる環境を整えてもらえればと思います。

まず、夏場に犬小屋を設置する場合、以下の対策をお薦めします。


●直射日光を避け、日陰を作る
●犬小屋を高くして、地面からの熱が伝わらないようにする
●犬小屋用の扇風機などを設置する


まず、直射日光を避けて日陰を作るには、ホームセンターなどで売っている「すだれ」を活用します。

すだれを犬小屋に設置するだけで、直射日光が避けられ、犬小屋を涼しくすることができます。体感温度は平均で2度~3度下がると言われていますので、とてもお薦めの対策です。

次に犬小屋を高くして、地面からの熱が伝わらないようにするには、地面から50㎝程高くして、犬小屋を設置するようにします。

犬小屋を高床式にするためのグッズなどは、ペットショップやホームセンターで販売していますので、そのようなものを活用して、犬小屋を高床式します。

次に犬小屋用の扇風機を設置する方法があります。ただ、扇風機を設置する場合、いくつか気を付けなければならないことがあります。

それは、ワンちゃんの体温よりも熱い風を当てないようにすることです。犬の平均体温は小型犬で38.6度~39.2度、大型犬で37.5度~38.6度と言われています。

もし夏場の外気温がこれ以上高い場合、せっかく良かれと思って設置した扇風機の風が、ワンちゃんにとっては、ドライヤーの風を当てられているのと同じで、逆効果になってしまいます。

ですので、扇風機を設置する場合は、犬小屋にも温度計を設置し、その日の外気温を必ず確認してから使用するようにしてください。そして、ワンちゃんの体温よりも外気温が高い場合は、使用することを避けるようにしてください。

また、扇風機を設置する上でもう一つ気をつけなくてはいけないことは、ワンちゃんが扇風機をおもちゃだと勘違いして遊んでしまい、思わぬ事故に繋がってしまうことがあるということです。

このような事故を避けるためにも、ワンちゃんの手の届かないところに設置するようにするか、扇風機を柵などで囲ったり、色々と工夫して設置する必要があります。

夏場に犬小屋を設置するときのポイントはこれで以上となります。ぜひ、今までお伝えしたきたことを参考にしていただき、愛犬の命を守るためにも、できるだけ涼しい環境を作ってあげられるよう努力してみてください。



→テレビチャンピォン2年連続優勝!遠藤和博先生の愛犬しつけ法はこちらから






« 前の記事: 犬小屋の設置場所と掃除 | 次の記事:冬に設置する時のポイント »



こんな記事もよく読まれています

テレビチャンピォン2年連続優勝!遠藤和博先生のしつけ教材


正しいペット用品を選ぶ


管理人 イヌエモンのご紹介


Copyright © 2017 犬のしつけ専門サイト All Rights Reserved.