犬のリードの正しい選び方を詳しくお伝えしています。

リードを選ぶときのポイント

リードは愛犬の命を守るために重要な役割をするものです。ですから、絶対に切れない丈夫なもの、犬の首に負担がかかりにくいものを選ぶようにしてください。

よくメーカー品を好んで購入する方がいますが、メーカで選ぶのではなく、あなたが今飼っているワンちゃんに最適なリードを選ぶようにしてください。

お薦めなのはやはり、手に馴染みやすい革製品のものです。

革製品はとても柔らかく、リードを引いたときに手にとても馴染んでくれます。
その他にはナイロン製のものもお薦めです。

リードの正しい使い方

リードは適度にたるんだ状態を保つようにしてください。ただし、人通りや車の行き交う場所では短めに持つようにします。これは急な飛び出しなどによる事故を防ぐためです。

リードをたるませる理由は、リードが短いと、犬は思うように身動きが取れなくなったり、首が絞めつけられてストレスを溜めこんでしまうからです。

犬はリードが短いと、この苦しい状況を逃れたいがために、前へ前へ出ようとします。すると、リードが引っ張られますから、飼い主さんは犬が前に行かないようにと、リードを強く引っ張り返します。

こうなると悪循環で、犬は更に必死に前に出ようとして、リードを引っ張るようになります。


犬がストレスを感じ、リードを引っ張る
    ↓
飼い主さんは前に行かないようにと更にリードを引っ張り返す
    ↓
犬は更に苦しくなるため、逃げようと必死になる


このような悪循環に陥っていきます。

そして、犬がリードが原因で強度のストレス状態にあるとき、他人様や他のワンちゃんに出会うと、そのストレスの反動から吠え立て、八つ当たりすることがあります。

しかし、飼い主さんは吠えることを止めさせようと、また強くリードを引っ張ります。そうすると、ワンちゃんはまた苦しい思いをしてしまうことになります。

そうなると、犬は他人様や他の犬と出会ったことが、リードを引っ張られる原因だと勘違いし、次の出会いではもっと攻撃性を持ってしまうことがあります。

このようなことにならないためにも、リードがワンちゃんの負担にならないよう、常にたるんだ状態を保つことが大事です。

リードを噛む犬はかなり高いストレス状態にある

リードを噛んで外そうとする行動を取っている犬は、リードに対してかなり高いストレスを抱えている可能性があります。

よく、リードにジャレていると思われがちですが、これは遊んでいるのではなく、リードにストレスを感じていると考えてください。

リードがストレスとなっている主な原因は、


リードで喉を締めつけられて苦しい
リードが邪魔で思うように身動きが取れない


このようなことが考えられます。

もし、あなたのワンちゃんがリードを噛む行為をしているのであれば、リードに対してかなりのストレスを感じていると思います。その場合、リードを付けることを一旦止めて、ハーネスに切り替えてみることをお薦めします。

ノーリードは止めるべき

リードを付けて散歩をすることは、犬を人間社会で飼う上で、飼い主として守るべきルールの一つです。よくノーリードで散歩をさせている人がいますが、これは絶対に止めるべきです。

リードを付けると犬を束縛しているみたいで嫌だ、という方がいますが、これは違います。人が誰もいないような環境であれば、ノーリードで遊ばせる方がワンちゃんにとってはいいです。その方がストレスもなく、思いっきり遊べることができます。

しかし、人間社会で一緒に暮らしている以上、そうもいきません。犬を見かけると避けて通る人もいます。全ての人が犬を受け入れてくれるとは限らないのです。

ですから、ノーリードは止めるべきですし、お散歩の時にリードを付けるということは、愛犬の命を守るためにも必要なことなのです。

人間社会で暮らしている以上、車が行き交う一般道での事故を防ぐためにも必要不可欠な対策でもあり、リードは飼い主と愛犬を繋ぐ信頼の絆なのです。このような理由から、私はノーリードで散歩をすることには反対しています。

ここまでリードの選び方や使い方などをお伝えしてきましたが、このページであなたにお伝えしたことは、私がいつもお世話になっている、遠藤和博ドックトレーナーから学んだことの一部です。

もしあなたが、リードの使い方をもっと詳しく知りたい、リーダーウォークをマスターしたいと考えているのであれば、遠藤先生のしつけ教材を一度学ぶことを私はお薦めします。

教材の詳しい内容は下記よりご覧頂くことができますので、リードの正しい使い方やリーダーウォークをマスターしたいのであれば、教材の内容を一度確かめてみることをお薦め致します。



→テレビチャンピォン2年連続優勝!遠藤和博先生の愛犬しつけ法はこちらから






 次の記事:犬小屋の設置場所と掃除 »



こんな記事もよく読まれています

テレビチャンピォン2年連続優勝!遠藤和博先生のしつけ教材


正しいペット用品を選ぶ


管理人 イヌエモンのご紹介


Copyright © 2017 犬のしつけ専門サイト All Rights Reserved.