多頭飼いをするときの注意点について解説しております。

多頭飼いをするときの注意点

犬を2頭以上飼いたいという愛犬家は多くいます。

しかし、多頭飼いをする場合、1匹で飼う時よりも、色々な面で注意しなければならないことが多々あります。

よく、多頭飼いで失敗する人の特徴としては、

「1頭目の犬がよく吠えるので、次は吠えない犬を飼おう」

「1頭目の犬はしつけが覚えられないので、次は賢い犬にしよう」

などと考え、新しいワンちゃんを連れてくることです。

しかし、ワンちゃんがよく吠えたり、言うことを聞かないのは、ワンちゃんに問題があることはほとんどありません。ワンちゃんが問題行動を起こすのは、飼い主さんの育て方に原因があることがほとんどで、決してワンちゃんのせいではありません。

このことを真摯に受け止め、飼い主さんが自分の育て方を見直さない限り、2頭目にどんなに賢いワンちゃんを連れてきたとしても、同じような犬に育つことになります。

ですので、多頭飼いをする以前に、まずは最初のワンちゃんの育て方をしっかりと見直し、しつけの行き届いた状態にしないことには、多頭飼いをするべきではありません。

犬は人間に教えられるよりも、犬同士で教えあったほうが早くしつけを覚えることができます。1頭目は2頭目のお手本になるように、飼い主さんの正しいしつけが必要になってきます。

また、多頭飼いをすると一番問題になるのが、やはり近隣への騒音問題です。多頭飼いをすると、犬の吠える声や走り回る音などで、どうしても騒がしくなりますので、近隣の方に迷惑がかかっていないか常に注意しなくてはいけなくなります。

また、犬を同等に扱うことも大事になってきます。もし、犬同士が喧嘩をしていたら、どちらか一方を叱るのではなく、必ず両方の犬を叱るようにします。

一方の犬だけをひいきしていると、その犬の性格にもよりますが、必ず焼きもちなどを焼くようになります。

そうすると、人間と同じく犬もひねくれ者になることもありますので、犬それぞれの性格を見極めて、取扱いに注意していく必要があります。

またその他に大切なこととしては、多頭飼いをするときは、必ずシュミレーションをするということです。

例えば、今飼っているワンちゃんと喧嘩はしないか、月のエサ代はどの程度増えるか、ハウスを2匹分用意するスペースが部屋にあるか、散歩は今までのコースで問題ないかなど、 検討しなくてはならないことがたくさんあります。

せっかく新しいワンちゃんを家に招き入れたのに、新しく連れてきたワンちゃんが不幸になってしまわないように、しっかりとシュミレーションを行なって、多頭飼いをするべきか、しないべきか、慎重に判断してください。

多頭飼いを考え、次のワンちゃんをお利口に育てたいのであれば、1頭目のワンちゃんのしつけがしっかりとできているか、できていないか、これにかかっています。

もし、1頭目のワンちゃんのしつけがしっかりとできていないな、と感じる飼い主さんは、2頭目のワンちゃんを受け入れる前に、私がお世話になっている遠藤和博ドックトレーナーのしつけ方法を勉強してください。

そして、1頭目のワンちゃんのしつけがしっかりとできてから、2頭目のワンちゃんを受け入れるようにしてください。しつけができていない状態で、2頭目のワンちゃんを受け入れても、決していい結果は生みません。

新しく連れてきたワンちゃんが不幸にならないためにも、1頭目のワンちゃんのしつけをしっかりと行なってから、新しい家族を受け入れることを私はお勧めします。



→テレビチャンピォン2年連続優勝!遠藤和博先生の愛犬しつけ法はこちらから






« 前の記事: 多頭飼いの心構え | 次の記事:メリットとデメリット »



こんな記事もよく読まれています

テレビチャンピォン2年連続優勝!遠藤和博先生のしつけ教材


多頭飼いについて


管理人 イヌエモンのご紹介


Copyright © 2017 犬のしつけ専門サイト All Rights Reserved.