犬が安全に暮らせるお部屋の作り方を詳しく解説しております。

犬が安全に暮らせるお部屋作りのポイント

犬が安全に暮らせるお部屋作りのポイントは、まず飼い主さんが犬目線を体験してみることです。

やり方は簡単で、赤ちゃんのようにハイハイをして、お部屋の中を犬目線で覗いてみます。

そうすると、見えていなかったものが目につくようになり、ワンちゃんにとって危険なものが、色々と見えてくるはずです。

家の中で最も多い事故としては、


●電気コードをかじって感電する
●誤飲する(タバコや薬など)
●やけど(ストーブや電気カーペットの低温やけど)
●犬の首が檻の一部に引っかかる


まず、1、2を争って室内事故で多いのが、

ワンちゃんが電気コードをかじって感電してしまう事故です。

犬は興味本位や好奇心で、コンセントをかじったり、舐めてしまうことがあります。対策方法としては、コンセント類は目に見えない場所に置くか、コンセントカバーを使って、コンセントを塞いでしまいます。

また、長いコードや絡まったコードも大変危険ですので、まとめるようにしてください。ワンちゃんが感電死してしまってからでは遅いですので、このような悲惨な事故を防ぐためにも、対策が出来ていないご家庭では直ぐに対策するようにしてください。

次に多いの事故が誤飲です。

タバコや薬、石けんなど、また最近ではジェルボール型の洗剤が販売されていますが、これを誤飲してしまう事故も増えています。

このような危険なものは、犬の手が届かないところに置くか、目につかないところに隠すようにしてください。

また、人間の食べ物も隠すようにしましょう。犬は人間の食べ物を口にすると、中毒症状を起こすものが多くあります。

代表的なものは、ネギ類やチョコレートですが、このような食べ物は絶対に室内に置かないようにしてください。

よく、チョコレート菓子などをテーブルの上に置きっぱなしで出かけてしまい、返ってきたら、ワンちゃんが口から泡を拭いて倒れていたなど、よくある事故です。

チョコレート類を含むものや、ネギ類の入った食べ物は、ワンちゃんが少量でも口にすると、死んでしまうこともありますので、絶対に室内に放置しないよう心掛けてください。

また、ゴミ箱などもかなり危険です。

ゴミ箱の危険なところは、中に入っているゴミをワンちゃんが誤って誤飲してしまうところにあります。万が一、ワンちゃんが口にしてはいけないものが入っていたりすると、これもまた大変危険です。

このような事故を防ぐためにも、ゴミの中身を食べたりしてしまわないように、フタ付きのものを用意するか、ワンちゃんが目につかないところに移動するようにしてください。

その他には、やけども多い事故です。

ストーブによるやけどは飼い主さんでもよく分かりますが、電気カーペットによる低温やけどは、気づかないことがよくあります。

ワンちゃんの肌をよく見てみたら、赤くただれていて、ブラッシングをしたときに痛がるような声を出すので、病院で診てもらったらやけどをしていた、などよくある事故です。

ストーブや電気カーペットを室内で使うご家庭では、このような事故はよくありますので、注意するようにしてください。

また、犬の首が檻の一部に引っかかってしまう事故も多くあります。ハウスなどではしゃいでいて、何かの反動で首が檻の一部にはまってしまい、抜けなくなる事故です。

抜けなくなるだけならまだいいですが、窒息死してしまうことにも繋がりませんので、注意しなければなりません。

また、散歩グッズなども犬の手の届かないところに置くようにしてください。散歩に行きたい一心で、いたずらをしてしまうワンちゃんがよくいます。

このような事故が起きないように、室内でワンちゃんを飼う以上、飼い主さんは最新の注意を払うべきですし、ワンちゃんにとって、危険ななものは取り除かなければなりません。

なぜなら、愛犬の命を守るためです、愛犬の命を守ることができるのは、飼い主さんだけです。愛犬と1日でも長く過ごすためにも、最新の注意を払って、愛犬の命を守ってあげてください。


ここまで、ワンちゃんが安全に暮らすお部屋作りのポイントをご紹介してきました。このページであなたにお伝えしてきたことは、私がいつもお世話になっている、遠藤和博ドックトレーナーに教えて頂いたことです。

遠藤先生の教材を学べば、しつけのやり方だけでなく、ワンちゃんが快適に生活するために必要な、様々な知識も身につけることができます。

教材の詳細は下記よりご覧いただくことができますので、興味のある方は、一度内容を確認してみることをお薦めします。



→テレビチャンピォン2年連続優勝!遠藤和博先生の愛犬しつけ法はこちらから






« 前の記事: 室内で飼うときの注意点 | 次の記事:飼い主がしてはダメなこと »



こんな記事もよく読まれています


Copyright © 2017 犬のしつけ専門サイト All Rights Reserved.