犬を室内で飼うときの注意点はたくさんありますので、こちらのページを一度読んでください。

犬を室内で飼うときの注意点

ほとんどの飼い主さんが、ワンちゃんを室内で飼っていると思いますが、ここのページでは、ワンちゃんを室内で飼うときのポイントや、注意点などを色々とお伝えできればと思います。

まず、犬は外部からの刺激が多い場所や、騒がしい場所は、基本ストレスを感じてしまうことが多い動物です。

このため、人があまり通らず、外部からの刺激があまりない、静かで落ち着ける環境に置いてあげることが理想です。

玄関にワンちゃんを置いている飼い主さんも多いと思いますが、やはり玄関は車や人が通る音など、外部からの刺激が多く入ってきますので、あまりお薦めはしません。

ただ、玄関でも全然平気なワンちゃんもいますし、時間が経てば慣れてしまうこともありますので、そのワンちゃんの性格を見極めていけばよいと思います。

また、ワンちゃんを置いておくのであれば、やはりリビングがお薦めです。リビングに置いておけば、飼い主さんの目の届くところにワンちゃんがいつでもいますし、飼い主さんの監視できる場所に置いておけば、比較的安全ですし、管理もしやすいです。

また、ワンちゃんも飼い主さんの傍にいることができますし、飼い主さんもワンちゃんを常に傍に置いておくことができます。

室内向きの犬と室外向きの犬

洋犬などは室内で飼うことを基本お薦めしますが、日本犬だけは室外で飼うことをお薦めします。その理由は、日本犬は攻撃性が高いところがあるからです。室内で飼ったことにより、攻撃性が増してしまったということはよくあります。

また、四季がある日本で育った日本犬は、洋犬に比べて、気候に対しての耐性がとても強いため、番犬にも非常に適しています。

また日本犬は、主人に対しては非常に忠実で、主人以外の人間には警戒心を強く見せますので、この点も番犬向きと言えます。このような理由から、日本犬は室外で飼うことをお薦めしています。

また、逆に洋犬は攻撃性も低く、どんな生活環境にも順応しやすい特徴があります。また、主人以外の人間でもとても親しみやすく接してきますので、身近に置いていても安心できますから、室内で飼うことがお薦めします。

お部屋にある危険なもの

お部屋には犬にとって、とても危険なものがたくさん潜んでいます。私達人間にとっては何でもないものでも、犬の命を脅かすものは、室内に意外とたくさんあるものです。

まず、犬の目線に立つために腰を低くして、愛犬の目線の位置でお部屋を観察してみてください。いかがですか、犬の目線に立つと、これは危ないなと思うものが色々と目に飛び込んできませんか?

もし、そのようなものを見つけたら、直ぐにワンちゃんの手の届かないところに移動してしまいましょう。

まず室内で一番危険なのは、「電気コード」です。

犬は興味本位や好奇心から、電気コードをよくかじってしまうことがあります。電気コードをかじってしまうと感電をおこし、最悪死に至るケースがあります。

このようなことが起きないように、電気コードがぶら下がっていたり、ワンちゃんの目に届くところにあるご家庭では、タイラップや輪ゴムなどでまとめて、ワンちゃんがかじってしまわないように対策を練ってください。

次に危険なのは「タバコ」です。

ワンちゃんはタバコを食べ物と勘違いして、よく誤飲してしまうことがあります。タバコを誤飲してしまうと、感電と同じく死に至るケースがありますので、タバコを吸っている飼い主さんは、細心の注意を払う必要があります。

またワンちゃんの前でタバコは吸わないようにしてください。人間と同じで、タバコの煙は犬の健康を害してしまいます。

お部屋の掃除や、換気は小まめにする

やはり汚れた空気は、人間と同じで犬にもよくないものです。また、空気清浄器を付けているからといって、全く換気をしない方もいますが、やはり窓を開けて、自然な空気を入れてあげることも大事です。

中には湿気が苦手なワンちゃんも犬種によってはいますので、定期的に換気をして、湿度も下げるようにしてください。

また、部屋の掃除は小まめにするようにしましょう。長期間掃除をしないと、次第にカビやダニなどが繁殖していきます。

人間はある程度不衛生でも大丈夫ですが、犬はカビやダニがいるホコリを吸ってしまうと、体調を崩してしまうことがあります。

また、絨毯などに人間が食べた残り物のカスなどがあり、それをワンちゃんが食べてしまうと、お腹を壊す原因にもなります。

また危険なものが室内に落ちていると、犬が思わぬ怪我をしてしまうこともありますので、お部屋の中は常に清潔な状態を保つように心掛けてください。


ここまで、ワンちゃんをお部屋で飼うためのポイントをいくつかお話ししてきました。このページであなたにお伝えしてきたことは、私がいつもお世話になっている遠藤和博ドックトレーナーに学んだことです。

遠藤先生の教材を学べば、しつけのやり方だけでなく、ワンちゃんと生活するために必要な様々な知識を身につけることもできます。

教材の詳細は下記よりご覧いただくことができますので、興味のある方は、一度内容を確認してみることをお薦めします。



→テレビチャンピォン2年連続優勝!遠藤和博先生の愛犬しつけ法はこちらから






« 前の記事: これから犬を飼う人へ | 次の記事:安全に暮らすお部屋作り »



こんな記事もよく読まれています


Copyright © 2017 犬のしつけ専門サイト All Rights Reserved.