犬から尊敬される飼い主になる方法を具体的に解説しています。

犬から尊敬される飼い主になる方法

犬から尊敬される飼い主になるには、まず犬の習性を知ることが大事です。

犬は本来群れで行動し、主従関係をとても大事にする動物です。そして犬は常に自分のリーダーを求めます。

つまり、犬を飼うのであれば、あなたがリーダーになる必要がありますし、あなたがリーダーになれないと、ワンちゃんは自分がリーダーになろうとします。

そうなると、主従関係はひっくり返り、しつけを教えてもなかなか言うことを聞かない子になってしまいます。しつけが上手くいかない飼い主さんは、この主従関係が成り立っていないことがほとんどです。

主従関係が成り立たないと、しつけを教えることは困難ですし、ワンちゃんとのより良い関係を保つことも難しくなります。

このページでは主従関係を築き、あなたがワンちゃんから尊敬されるリーダーになるためのポイントをいくつかご紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

まず主従関係を築くための方法は、

犬の要求を絶対に受け入れない
飼い主の指示に従わせる

この2つがポイントです。

犬が何かを要求してきたとき、飼い主さんがすぐに従ってしまうと、その時点で主従関係は崩れます。ですので、どんなに吠えても、かわいくても、一切要求を受け入れず、飼い主の指示に従わせるようにしてください。

そして、尊敬されるリーダーになるためには、この主従関係を築くことが絶対条件です。そして、今からお伝えすることを日頃から意識すれば、犬はあなたのことを自分のリーダーだと確信し、より良い関係を保つことができるようになるはずです。

食事は飼い主が先に済ませる

犬にとって食事の順番は大変重要な意味を持ちます。これはお相撲さんと一緒で、お相撲さんも食事を取るときは、横綱・大関・関脇・小結と、番付順に食事を取り、序ノ口などは一番最後に残った残り物を食べます。

犬も一番強い者が最初に食事を取り、一番弱い者が最後に食事を取る習性があります。ですので、飼い主さんがリーダーだと分からせるためにも、食事は必ず飼い主さんが先に済ませ、食べ終わった後で犬に食事を与えるようにしてください。

間違っても一緒に食事を取るという行為や、人間が食べている物を与えることはしないでください。その時点で犬は飼い主と同等、もしくは飼い主さんが犬よりも下と認識するようになっていきます。

同じ寝床で絶対に寝ない

飼い主さんと犬が一緒に寝るということは、同等であることを意味しますので、犬と一緒に寝てはいけません。よく、一緒の布団でワンちゃんを抱きながら寝ている飼い主さんがいます。

かわいくて仕方がない、というのは良く分かりますが、同じ寝床で寝た時点で主従関係が崩れ、あなたは立場が犬より下になります。ですので、子犬の時期から絶対に一緒に寝ないようにし、必ずハウスなどで寝かせるようにしてください。

また、ワンちゃんがよくソファーで眠っている家庭を見かけますが、これもダメです。飼い主さんがよく座る場所、横になる場所は飼い主さんのテリトリーです。

そのテリトリーに平気でワンちゃんを寝かすということは、犬と一緒に寝ているのと同じ意味を持ちます。ですので、飼い主さんがよく休むソファーや、横になるところでワンちゃんを寝かすことをしてはいけません。

もしワンちゃんが寝てしまっていた場合は、ワンちゃんを優しく起こし、ここはお前が寝るところではないよと教え、ハウスで寝る癖をつけさせるようにしてください。

何が起きても飼い主さんは常に平常心でいる

尊敬されるリーダーになるためには、いつも平常心で接することが大事です。これは人間も同じだと思いますが、何か予期せぬことが起きた時に、全く同様を見せずに、冷静に対処できる人は安心感、信頼感が生まれると思います。

これはワンちゃんも一緒です。ですので、犬が大きな声で吠えたり、何かいたずらをしても大きな声で叱らず、平常心でいるようにしてください。

犬は自分が何をしても、飼い主さんは動じない人だと思えば、あなたのことを心から信頼する強いリーダーだと認識するようになっていきます。

犬を勝たせない

犬と何かをして遊ぶ時、必ず飼い主さんが勝つようにして終わるようにしてください。例えば、ボール遊びなどをするときは、必ず最後は飼い主がボールを取り上げて、終わるようにします。

ここで犬がボールを持っている状態で終わらせてしまうと、犬が飼い主さんに勝ったと思い込み、立場が逆転してしまい主従関係が崩れていきます。

いくら遊びと言っても、主従関係を崩さないためにも、犬を勝たせて終わらせることをしてはいけません。

マズルコントロールやアイコンタクトを積極的におこなう

犬が鼻先(マズル)を触ることを許すのは、飼い主さんを信頼している証拠です。マズルを触ると嫌がるワンちゃんは、あなたのことを飼い主として信頼していない可能性があります。

ですので、子犬の頃からこのマズルコントロールをすることは、ワンちゃんの信頼を得るためにもとても大事な作業になりますので、子犬の時期から積極的に取り入れるようにしてください。

また何か指示を出すときは、必ずアイコンタクトをしてから指示を出すようにします。アイコンタクトをすると、これから飼い主さんから何か命令があると犬は思い、規律が高まります。

何かしつけをするときや指示を出すときは、アイコンタクトをしてから行うと、ワンちゃんとの信頼関係が更に高まっていきますので、ぜひ実践してみてください。

犬を仰向けにしたり、抱きかかえる

犬を仰向けにしたり、抱きかかえる行為は、犬よりも飼い主さんのほうが強いということを認識させます。仰向けになるということは犬にとって、とても無防備な体勢になります。

ですので、日頃からワンちゃんを抱きかかえたり、遊んでいる時などにわざと仰向けにしてお腹を撫でたりすると、ワンちゃんは飼い主さんはとても強い人なんだと認識し、主従関係ができ信頼関係が高まっていきます。

ワンちゃんがあなたの前で安心して仰向けになるようになれば、心から信頼されている飼い主さんと言えます。ワンちゃんに心から信頼されるためにも、日頃から取り入れるようにしてみてください。


ここまで、ワンちゃんに心から尊敬される飼い主さんになるためのポイントをいくつかお伝えしていきましたが、私も最初からこのような知識を持っていたわけではありません。

私がこのような知識を得ることができたのも、いつもお世話になっている遠藤和博ドックトレーナーのおかげです。

もしあなたが、犬のしつけや犬の知識を本格的に学びたいと思っているのであれば、私は遠藤和博ドックトレーナーのしつけ教材を一度学ぶことをお薦めします。

詳細は下記よりご覧いただくことができますので、犬のしつけや知識を本格的に学びたい方は、一度ご覧になってみてください。



→テレビチャンピォン2年連続優勝!遠藤和博先生の愛犬しつけ法はこちらから






« 前の記事: 飼い主がしてはダメなこと | 次の記事:信頼関係を築く方法 »



こんな記事もよく読まれています


Copyright © 2017 犬のしつけ専門サイト All Rights Reserved.