犬との信頼関係を築く方法について詳しくご説明しているページになります。

犬との信頼関係を築くポイント

犬の信頼を獲得するためには、まず主従関係を築くことがとても大切です。犬は主従関係をとても大事にしている動物です。

常に自分がリーダになることを目指していますし、自分よりも力のあるリーダーを求めています。

まずはこの主従関係をしっかりと築くことが、犬の信頼を勝ち取るために必要なことです。

しつけが上手くいかない飼い主さんは、この主従関係が出来ていないことが多いです。主従関係が出来ていないのに、ワンちゃんに対して指示や命令を出しても意味がありません。

リーダーでもない人に、「お座り」「伏せ」など、命令されても犬はどう感じるでしょうか、果たして素直に言うことを聞くでしょうか?当然のことながら言うことを聞かないですし、場合によっては反抗してくることもあると思います。

主従関係ができてもいないのに、一方的に命令や指示を出すだけでは、犬に気持ちは伝わらないですし、信頼関係を上手く築くこともできません。

主従関係が出来ていないと感じる飼い主さんは、まずはワンちゃんの信頼を獲得する以前に、主従関係を築くことから始めていきましょう。

次に犬の信頼を勝ち取るために大事なこととして、あなたの飼っているワンちゃんの習性や性格を良く理解することです。人間と同じで、犬にもそれぞれの個性がありますし、元々持っている犬種ごとの習性があります。

そして、そのワンちゃんの性格や習性、行動パターンなどをよく観察すれば、ワンちゃんのことをより理解することができるようになり、何をしたいのか、何を訴えているのか、少しずつ分かるようになってきます。

そうすると、ワンちゃんはこの人は私の訴えていることをよく分かってくれる、信頼できる人だと思い、少しずつあなたに信頼を置いていくようになり、関係を深めていくことが出来るようになります。

次に大事なことは、犬の気持ちを理解する努力を飼い主側がすることです。犬は当然のことながら、言葉を話すことはできません。

しかし犬は、人間同様に喜怒哀楽の感情、心を持っています。ワンちゃんは言葉が話せない分、何かを訴えているときは、飼い主さんに行動で示していることが多いので、しっかりと訴えていることに対して、理解してあげることが大事です。

そして、少しずつ飼い主さんがワンちゃんの気持ちを理解するように努力すれば、ワンちゃんが何をしたいのか、何を訴えているのか、少しずつ分かるようになるはずです。

ワンちゃんが「何を考えているのか、何を訴えようとしているのか」、このことを真剣に考えるだけで、犬は飼い主さんの気持ちを敏感に感じて、色々と伝えようとしてくれます。

お互いがお互いの言葉に耳を傾け、歩み寄ろうとすることが大切です。言葉を話せないワンちゃんの気持ちを理解しようとすることも、信頼関係を築く上で大切なポイントになってきます。

ここまで、ワンちゃんとの信頼関係を深めるためのポイントをいくつかお話ししてきましたが、あなたはどのような感想をお持ちになったでしょうか。

今まであなたにお伝えしてきたことは、私がいつもお世話になっている、遠藤和博ドックトレーナーに教えてもらったことのほんの一部です。

もしあなたが、ワンちゃんとの本物の信頼関係を築きたいと思っているのであれば、遠藤先生の教材を一度勉強することをお薦めします。

遠藤先生の教材を学べば、ワンちゃんとの本物の信頼関係を築くことができ、今よりももっとより良い生活をお互いに過ごすことが出来るようになるはずです。


教材の詳しい内容は下記よりご覧いただくことができますので、ワンちゃんの信頼を得るための方法を更に詳しく知りたい方は、一度詳細を確認してみてください。



→テレビチャンピォン2年連続優勝!遠藤和博先生の愛犬しつけ法はこちらから






« 前の記事: 尊敬される飼い主になる | 次の記事:犬の問題行動の原因 »



こんな記事もよく読まれています


Copyright © 2017 犬のしつけ専門サイト All Rights Reserved.