犬の問題行動でお困りの方はこちらのページでよく原因を知ってください。

犬が問題行動を起こす原因について

ワンちゃんの問題行動で悩んでいる飼い主さんは多くいます。

問題行動には、「無駄吠え、引っ張り、噛みつき、飛びつき」など、色々あると思います。

しかし、ワンちゃんが問題行動を起こす原因は、ワンちゃんに問題があるのではなく、ほとんどの場合、飼い主さんの育て方にあります。

実際、無駄吠えや噛みつきをするワンちゃんを飼っている家庭では、次にどんなワンちゃんが来ても同じ行動を繰り返します。それは日常生活の中で、無駄吠えや噛みつきをする環境で育てられているからです。

よく、うちのワンちゃんは牧羊犬だから吠えるのよ、と犬のせいにしている飼い主さんがいます。確かに、牧羊犬のウェルシュ・コーギーやボーダー・コリーなどは、他の犬種に比べれば、吠えやすい性質を持っているかもしれません。

しかし、犬の問題行動は直接犬種の特性には関係ありません。犬が問題行動を起こすのは、飼い主さんにほぼ100%の原因があります。

ですので、犬が問題行動を起こす原因は何かを突き止め、それを見直していく必要があります。日々の暮らしに原因があるのか、しつけに問題があるのか、飼い主さんであれば思い当たるふしがあると思いますし、きっと見つけられるはずです。

問題行動を起こさないようにするのは、ワンちゃんのためでもあり、飼い主さんのためでもあります。生まれた直後から問題行動を起こすワンちゃんはいません。きっと何か原因があります。

決して犬のせいにはせず、飼い主さんが今までの飼い方、育て方を見つめ直し、ワンちゃんと正面から向き合うことが、問題行動を解決する近道になっていきます。

もしあなたが、ワンちゃんの問題行動で悩んでいるのであれば、私がいつもお世話になっている、遠藤和博先生のしつけ方法を一度学んでみてください。

私の愛犬も無駄吠えが酷く、長いこと悩んでいましたが、遠藤先生のやり方を実践したところ、わずか数日で無駄吠えをしなくなる、お利口なワンちゃんになりました。

詳しいやり方は下記よりご覧頂くことができますので、もしあなたが愛犬の問題行動で悩んでいるのであれば、遠藤先生のしつけ方法を学んでみてください。遠藤先生のしつけ方法が、あなたのワンちゃんをお利口にする第一歩になるはずです。



→テレビチャンピォン2年連続優勝!遠藤和博先生の愛犬しつけ法はこちらから






« 前の記事: 信頼関係を築く方法 | 次の記事:与えてはいけない食べ物 »



こんな記事もよく読まれています


Copyright © 2017 犬のしつけ専門サイト All Rights Reserved.