犬に与えてはいけない食べ物をお伝えしています。

犬に与えてはいけない食べ物

よく犬が食べているものを物欲しそうにしているからと、人間の食べ物を与える飼い主さんがいますが、犬の健康を考えるのであれば、止めるべきです。

人間の食べ物には色々な食材や調味料が含まれており、その中にはワンちゃんが口にしてはいけないものが以外と多く含まれているものです。

犬は興味本位で欲しがっているだけで、本当に食べたいわけではありません。ですので、犬の健康のことを考えるのであれば、犬専用の食事を与えるだけにしてください。

以下に犬が食べてはいけない食べ物をお伝えしていきますので、絶対に与えないように注意してください。


■NEW 緊急執筆 2015年11月13日

★ チョコの100倍の毒性を持つ食べ物「キシリトール」についてはこちらから。

中毒を引き起こす危険性がある食べ物

●タマネギ、長ネギ、ニラ、にんにく

人間の食べた残り物などを与えている飼い主さんは多くいますが、その中にタマネギなどが入っていると大変危険です。ネギ類は、犬の赤血球を破壊する「アリルプロピルジスルファイド」という成分が含まれています。

その成分によって、犬がタマネギを食べると、赤血球が破壊されて、中毒死を引き起こす可能性があります。少量の摂取でも死に至るワンちゃんもいますので、ネギ類は絶対に与えないようにしてください。


●チョコレート、マカダミアンナッツ、コーヒー、コーラ、紅茶、お茶

チョコレートやマカダミアンナッツも犬にとっては大変危険な食べ物です。チョコレートに含まれる「テオブロミン」という成分が犬の中毒症状を引き起こします。

その他にも、コーヒーやお茶、コーラ、紅茶に含まれる「カフェイン」も中毒症状を引き起こす原因になります。

もし万が一、このような食べ物を少量でも摂取してしまった場合は、症状が出ていなかったとしても、すぐに獣医に診せるようにしてください。

下痢や嘔吐、消化不良を引き起こす食べ物

●エビ、イカ、カニ、タコ、貝類

エビ、イカ、カニ、タコなどは消化が悪いため、犬が消化不良を起こし、嘔吐をすることがあります。また、貝類は皮膚病を誘発する恐れがありますので、与えないように注意してください。


●人間用の牛乳や乳製品、パン、生卵

人間用の牛乳やチーズはワンちゃんによって、下痢を引き起こすことがあります。ミルクを与える場合は必ず、犬専用のミルクを与えるようにしてください。

また、人間用のパンは塩分が高く、バターを多く使っていますので、出来るだけ与えないようにして下さい。塩分の多いもの、バターはワンちゃんには厳禁です。


●ブドウ、レーズン

ブドウやレーズンも下痢や嘔吐、腎不全を引き起こす原因になります。死亡例も出ていますので、絶対に与えないようにしてください。


●香辛料

唐辛子やワサビ、辛子、胡椒などの香辛料は、ワンちゃんの胃を麻痺させたり、下痢を引き起こす原因になります。また、肝臓疾患や腎臓疾患を引き起こすことがありますので、与えないようにしてください。


●ソーセージ、ハム

ソーセージやハムは重大な内臓疾患になる可能性がありますので、与えないようにしてください。


●その他、消化不良を引き起こしやすい、食材は以下になります。

クラゲ、竹の子、しいたけ、こんにゃく、豆類など。

上記の食材は消化不良を引き起こしやすい食べ物ですので、注意が必要です。

トキソプラズマ病の危険があるもの

●生肉(特に豚肉や鶏肉)

成犬であれば、問題ないことが多いのですが、子犬の時期や愛犬が体調を崩して、免疫力が低下している場合は、注意する必要があります。

気道や食道に刺さる危険性があるもの

●魚の骨、鳥の骨

魚や鳥の骨は、犬の胃や腸を傷つけてしまい、それが原因となって、腹膜炎などを引き起こすことがあります。症状が悪化すると死んでしまうこともありますので、注意しなくてはいけない食べ物です。


犬に与えてはいけない食べ物は以上となります。

このページをぜひ参考にしていただき、1日でも長く愛犬との楽しい生活を続けるためにも、ワンちゃんの健康を守ってもらえればと思います。



→テレビチャンピォン2年連続優勝!遠藤和博先生の愛犬しつけ法はこちらから






« 前の記事: 犬の問題行動の原因 | 次の記事:チョコの100倍の毒性を持つ食べ物 »



こんな記事もよく読まれています


Copyright © 2017 犬のしつけ専門サイト All Rights Reserved.