犬がトイレを覚えない理由は子犬のときに叱られたことも大きく関係しています。

犬がトイレを覚えない理由

ワンちゃんがなかなかトイレを覚えてくれないと、悩んでいる飼い主さんは多くいますが、覚えられないのには、やはりそれなりの理由があるものです。

トイレを覚えられないのは、その犬、その犬で色々と理由がありますが、特に多い傾向にあるのが、飼い主さんの勝手な判断で、ここはハウス、ここはトイレと決めつけてしまっていることです。


飼い主さんの勝手な判断で、ハウスやトイレを決めてしまうと、ワンちゃんは別のところで粗相をしてしまう可能性が高まります。

その理由は、いきなり広いお部屋に連れてこられても、ここがハウスで、ここがトイレと判断することは、ほとんどのワンちゃんができないからです。

まずは飼い主さんが勝手にトイレの場所やハウスの場所を決めるのではなく、その犬ごとの習性や性格をしっかりと理解して、環境を整えていくことがとても大事です。

多くの飼い主さんはリビングに離したがります。しかしトイレに行くまでに我慢をしきれずにリビングに粗相をしてしまった、それが一つのきっかけとなって、臭いがついて粗相の連鎖に繋がっていきます。

犬は失敗を学習すると、失敗を繰り返します。ですので、失敗を教えない環境で教えることがとても重要ですし、そうならないためにも、しっかりとルールを決めて習慣づけさせることが、トイレを覚えさせる一番の近道です。

そして、一番大事なことは絶対に怒らないことです。特に子犬の時期にこれを繰り返すと、犬は飼い主さんの見えないところで粗相をするようになってしまいます。

犬は粗相をすると、飼い主さんに怒られると学習していきますので、怒れば怒るほど、逆効果に働いてしまうことをしっかりと知ってください。

1週間で覚えてしまう子、1ヶ月かかって覚える子、1年かかっても覚えない子、様々です。それぞれに性格もありますから、正しい環境を飼い主さんが作ってあげて、根気よくしつけていくことが大事です。

どのようなしつけのやり方を実践していくかは、飼い主さんの環境によると思います。マンションなど、狭い空間で飼っているのであれば、ゲージの中に寝床とトイレを設置する方法を取るのが良いと思います。

また、広い一軒家で飼っているのであれば、ハウスとトイレを全く別にしてしまう方法が良いと思います。家が広くてもハウスとトイレを別にする必要もありませんから、飼い主さんのご自宅の環境、しつけしやすい方法をとることが良いと思います。

私は賃貸マンションで愛犬のミニチュアダックスを飼っていますので、ゲージの中に寝床とトイレを設置する方法を取りました。この方法を取ったところ、数週間でしっかりとトイレを覚えてくれるようになりました。

このやり方は、いつも私が大変お世話になっている、遠藤和博ドックトレーナーのしつけ教材で学んだ方法です。

詳しいやり方は、遠藤先生のしつけ教材に載っていますので、トイレをなかなか覚えてくれないと悩んでいる飼い主の方は、一度やり方を学んでみることをお薦めします。



→テレビチャンピォン2年連続優勝!遠藤和博先生の愛犬しつけ法はこちらから






« 前の記事: トイレのしつけ方法 | 次の記事:シーツを破かれない方法 »



こんな記事もよく読まれています


Copyright © 2017 犬のしつけ専門サイト All Rights Reserved.